Audibleのメリット・デメリットを解説!【効率的にインプット可能】

“本を聞く”ことができると話題のAudible。

実際に使ってみたのですが、かなり便利です!!

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/10/スクリーンショット-2019-12-05-20.10.09-1.png

Audibleを使ってみたいけど、使い勝手はどうなんだろう?

そんな疑問を持つ方に向けて、この記事ではAudibleを使って分かったメリット・デメリットを解説していきます!

>>Audibleを30日間無料で体験する

Audibleについてちょっとだけ解説

Audibleとは、Amazonが提供しているオーディオブックのサービスです。

特徴をざっくり解説すると、

  • 月額1,500円
  • 30日間の無料体験アリ
  • 再生速度は0.5倍~3.5倍に調整可能
  • 購入したボイスブックを返品、交換可能
  • スマホ、パソコン、タブレットなどに対応
  • 付与されるコインを好きなタイトルに交換できる

といった感じです。

ナレーターが書籍を読んだものが録音されており、読み聞かせのような感じで“本を聞く”ことができます

最近流行りの音声学習も可能にするツールです

イメージがつかない方は、「百聞は一見に如かず」と言うので、無料体験してみてください!
>>Audibleの無料体験はコチラから

Audibleを使うメリット

Audibleを使うメリット

それでは、Audibleを使うメリットを紹介していきます

Audibleを使うメリット

  • スキマ時間にインプットできる
  • 目が疲れない
  • 短時間でインプットできる
  • 英語学習にも使える

順に解説していきます。

スキマ時間にインプットできる

Audibleを使えば、両手がふさがっている状態でもインプットが可能です

例えば…

  • 満員電車の中
  • 車の運転中
  • 料理を作りながら
  • お風呂の中で
  • 散歩しながら

といった、本を読むのが難しい状況でも、Audibleなら耳からインプットすることができます

「忙しくて、なかなか読書の時間がとれない」という方にはとてもおすすめです!

目が疲れない

紙の本ならまだしも、スマホでKindle本などを読むと目が疲れますよね。。

しかし、Audibleは耳で本の内容を聞くので、目が疲れないのがメリットです

寝る前など、目を酷使したくない状態でもインプットできるのは嬉しいですね!

短時間でインプット可能

Audibleでは、再生速度を最大3.5倍まで早めることができます

普通に読めば3時間程度かかる本でも、

  • 1.5倍速なら2時間
  • 2倍速なら1.5時間
  • 3.5倍速なら50分

という風に時短でインプットが可能です!

メンタリストのDaiGoさんは3.5倍速で聞いているそうですが、私が試したところ3.5倍速は速すぎました^^;

しかし、2倍速くらいなら問題なく聞くことができます

英語学習にも最適

Audibleでは、洋書がたくさん用意されており、英語学習にも使えます!

例えば、大人気の”ハリーポッター”シリーズも、全巻聞くことができます。

手元に本がある場合は、本を読みながら英語の音声を聞くのも良い方法と言えそうです!

>>Audibleの無料体験はこちら

Audibleを使うデメリット

Audibleを使うデメリット

続いて、Audibleを使ってみて感じたデメリットも紹介します。

Audibleのデメリット

  • 小説には向かないかも
  • 読み方にクセがある場合も
  • 収録されている本が少ない

小説には向かないかも

Audibleで小説を聞くこともできますが、個人的には(ちょっと微妙かな・・・)と思いました。

小説は文字から空想を広げていく感じですが、Audibleだと読み聞かせと言う感覚で、”小説とは別物“という感じがしました

とはいえ、「Audibleで小説を聞くのが好き!」という人もいるので、好みもあるのかもしれません!

読み方にクセがある場合も

Audibleは、70人以上のナレーターが音声を収録しています。

人によって特徴があるのですが、読み方にクセがある人もちょいちょいいます

「抑揚つけすぎじゃない?」と思ったり、「滑舌悪くない?」と感じたり・・・。

とはいえ、ほとんどのナレーターはハキハキと喋ってくれます。

購入前にサンプルを聞くことができるので、聴きにくくないかを確認してから買った方が良さそうです。

収録されている本が少ない

Audibleはまだサービス提供開始から日が浅く、収録されている本が少ない印象です。

Audibleで本を探しても、「あんまり読みたい本がないな・・・」と感じることがあります。

しかし、音声学習がメジャーになるにつれて、蔵書数も増えることが予想されるので、今後に期待です!

Audibleのメリット・デメリットをさらに調査!

Audibleのメリット・デメリットをさらに調査!

Twitterで、Audibleのメリットとデメリットをさらに調査してみました!

Audibleのメリット

https://twitter.com/_asahi_free/status/1214395223222079490?s=20

Twitterで口コミを調査したところ、

  • スキマ時間に聞ける
  • 1.5倍で聞くと時短になる
  • 本を持ち運ばなくて良い

といった点をメリットと感じる人が多いようです!

>>Audibleの無料体験はこちら

Audibleのデメリット

https://twitter.com/outputde/status/1161608660545523713?s=20

Audibleのデメリットとしては、

  • 小説ストーリーが頭に入ってこない
  • Androidでストリーミング再生ができない
  • 聞き直したい箇所を検索できない

ということが挙げられました。

やはり小説はAudibleには不向きなようですね。。

Audibleがおすすめな人

Audibleがおすすめな人

「Audibleはこんな人におすすめだよ!」というのを紹介します!

Audibleをおすすめできる人

  • 読むのが遅い人
  • 寝る前に勉強したい人
  • スキマ時間にインプットしたい人

読むのが遅い人

本を読むのが遅い人は、耳で聞いた方が早くインプットできるかもしれません!

私も本を読むのは遅いのですが、Audibleで2倍速で聞くことで、効率的にインプットできています!

寝る前に勉強したい人

Audibleを使うと、ベッドに入ってから寝るまでの間にも、勉強することができます

これは私の体感ですが、Audibleを聴きながら横になっていると、知らぬ間に眠れてしまうんですよね(笑)

インプット時間が増える上に、寝つきも良くなる(!?)ので、一石二鳥ですね

スキマ時間にインプットしたい人

Audibleを使えば、満員電車や車の運転中、家事をする間など、これまでは無駄になっていた時間に知識をインプットすることができます

移動時間が長い人や、まとまった読書時間が取れない人にはとてもおすすめです!

>>Audibleを無料で体験する

おすすめのAudible本3選

最後に、Audibleで聞けるおすすめ本3選を紹介します!

メモの魔力

created by Rinker
¥1,540 (2020/04/04 21:27:42時点 Amazon調べ-詳細)

SHOW ROOMの前田裕二さん著、2019年上半期でビジネス書のベストセラー1位を獲得した本です

具体的なメモのノウハウだけでなく、「自分のストーリーを生きるためにどうすればいいか?」が綴られています。

自己分析をしたい方にも最適な一冊です!

嫌われる勇気

自己啓発の源流とも言われる「アドラー心理学」について分かりやすく解説された本。

世界累計で400万部以上を売り上げた大ベストセラーです

青年と哲人の対話形式のため、Audibleで聞くのに適しています!

自分を操る超集中力

created by Rinker
¥1,540 (2020/04/04 21:27:43時点 Amazon調べ-詳細)

こちらも定番の人気本で、メンタリストDaiGoさんが実践する”集中力を高めるための方法”が書かれています

勉強や仕事はもちろん、あらゆることに応用が効くテクニックが満載です。

私も本書の内容を実践してから、ブログ執筆の効率が高まりました!

学生も社会人も知っておいて損はない内容ですので、ぜひ一度Audibleで聞いてみてほしいです!

気になるなら無料体験!

ここまで読んできて、「Audible、良さそうだけど、どうしようかな・・・」と迷っているかたがいたら、まずは無料体験をしてみるのがおすすめです!

無料体験の特徴

  • 最初の1冊は無料!
  • コインで本を買える
  • 30日以内に解約すれば課金ゼロで使える

「使いにくいなあ」と思ったら解約すればお金を払う必要はないので、ぜひ自分自身でAudibleの魅力を体感してみてください。

1冊無料で聴けるので、体験しておかないとむしろ損ですよ!!

>>Audibleの無料体験はこちら

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です