紙の本vs電子書籍!高校生にオススメはどっち?

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2235.jpg
高校生の”しか”

本を読むとき、紙の本で読むか、電子書籍で読むか迷うんだよね〜

紙の本と電子書籍。
それぞれ一長一短ありますが、高校生にはどっちが良いのでしょう?

この記事では、現役高校生の私が、「紙の本と電子書籍、高校生にとってオススメはどっち?」というテーマで解説していきます!

この記事で分かること
  • 紙の本のメリット
  • 電子書籍のメリット
  • 紙の本と電子書籍、おすすめの使い分け方

紙の本のメリット

まずは、「紙の本のメリット」を紹介していきます

メリット
  • 学校で堂々と読める
  • 読んだあとに売れる
  • 目に優しい

一つずつ見ていきます!

学校で堂々と読める

高校生からみて、紙の本の最大のメリットは、「学校で堂々と読める」点だと思います

私の学校では電子機器が禁止されているので、そもそも電子書籍を読むことができません

紙の本ならば、休み時間などに堂々と読むことができます!

読んだあとに売れる

もう一つのメリットは、「読んだあとに売れる」ということです

紙の本なら、メルカリやブックオフなどで売ることで、資金を一部回収できます

私のオススメは「メルカリ」で、2,000円で買った本が1,800円(送料込)で売れたりするので、かなりお得に読むことができます

また、「メルカリで本を買う→読む→またメルカリで売る」という方法もオススメです!

電子書籍は、今のところ「売る」ことはできないので、「売れる」というのは紙の書籍の大きなメリットですね!

目に優しい

紙の本は、「目に優しい」というメリットもあります

電子書籍は、スマホや専用端末で読むことになりますが、画面をずっと凝視していると目が疲れますよね

その点、紙の書籍は、目への負担が少ないという長所があります

とはいえ最近の電子端末には、ブルーライトカット機能なども備わっているので、気にならない人もいるかもしれませんね

電子書籍のメリット

続いて、電子書籍のメリットはこちらです

メリット
  • 持ち運び・保管がしやすい
  • 紙の本より安く買える
  • ハイライトできる

それぞれ、解説していきます!

持ち運びに便利

電子書籍の1つ目のメリットは、「持ち運びや保管に便利」という点です

電子書籍は、スマホやタブレット端末で読書ができるため、本自体の重さも体積もゼロです

そのため、外出先でも読みやすく、何冊あっても本棚から溢れることがありません

持ち運びや保管にかかる手間を省けるというのは、とても大きなメリットだと思います!

特に通学の電車内が混んでいるときは、大きな紙の本より、スマホで読める電子辞書が圧倒的に便利です

紙の本より安く買える

電子書籍は、「紙」の値段が含まれない分、紙の本より安く買えることが多いです

例えばこちらの、「時間革命」という本をAmazonで買う場合。

Amazon.co.jp

単行本は1,430円ですが、Kindle版だと900円で読むことができます!
単行本の37%引きです。めっちゃお得!

さらに、Kindleには「Kindle 読み放題」という、月額980円で登録されている本が読み放題になるサービスがあります!

本サービスは月額980円(税込)で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になる、新しい定額読み放題サービスです。

Amazon:(https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20160803/)

月に1~2冊読めば元を取れる計算です😲

一人が登録すれば、家族みんなが読めるので、かなりお得なサービスだと思います!

ハイライトできる

電子書籍では、本文を簡単にハイライトできます!

ハイライトした箇所をまとめて見られるので、読み直すときにとても役立ちます!

紙の本でもできなくはないですが、本を汚すのに抵抗感がありますよね

また、本文をコピー&ペーストできるのも、電子書籍ならではのメリットです!

紙の本と電子書籍を使い分けよう!

ここまで、紙の本と電子書籍、それぞれのメリット・デメリットを挙げてきました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_2235.jpg
しか

結局、どっちがおすすめなの?

私がおすすめする紙の本と電子書籍の使い分け方を紹介します!

  • サクッと読みたい本→紙の本
  • じっくり読みたい本→電子書籍

それぞれの理由を解説していきます!

サクッと読みたい本→紙の本

サクッと読みたい本を紙で読むべき理由は、「読んだあとに売れるから」です

紙の本は電子書籍より高いですが、読後に売ると、トータルで見て安く読めます

学生のうちは、本に使えるお金が限られていることもあり、なるべく安く読みたいのが本音です

そのため、読み返す可能性が低い本は、紙の書籍を買って売る方が経済的と言えます

じっくり読みたい本→電子書籍

じっくり読みたい本を電子書籍で読むべき理由は、「読み直すときに便利だから」です

  • 最初に読んだときにハイライトした箇所を確認できる
  • 本を汚したり、紛失するリスクがない
  • 保管に場所を取らない

これらの理由で、あとから何回も読み返したい場合は、電子書籍で読むのがオススメです!

まとめ

「高校生から見た紙の本と電子書籍のメリットと、おすすめの使い分け方」というテーマで書いてきましたが、いかがでしたか?

内容をおさらいしておきます!

紙の本のメリット
  • 学校で堂々と読める
  • 読んだあとに売れる
  • 目に優しい
電子書籍のメリット
  • 持ち運び・保管がしやすい
  • 紙の本より安く買える
  • ハイライトできる
おすすめの使い分け方
  • サクッと読みたい本→紙の本
  • じっくり読みたい本→電子書籍

今回紹介した方法は、あくまで私が「いい!」と思うものなので、自分にあった使い分け方を見つけてみてください^_^

最後までご覧くださり、ありがとうございました!

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

また来てね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です