カナダではテストで電卓OK!日本でも絶対に使うべきだと思うワケ

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

高1のとき、1年間カナダに留学していました!

カナダの高校では、日本とは全く違うやり方で授業を行っていました

大きな違いの一つが、数学のテストで電卓が使えることです

この記事では、「カナダではなぜ電卓がOKなのか」そして、「日本でも電卓使うべきだと思う理由」を書いていきます!

カナダの数学の授業は電卓OK!

カナダの数学の授業では、関数電卓が使えます

もちろん、テストにも持ち込み可能です

数学の授業では、「正確に計算をする練習」の代わりに、「電卓を使って計算する練習」をしていました

というのも、三角関数の計算などは、使い方を知らないと出せないからです

なぜカナダでは電卓が使えるの?

計算が苦手な私は「電卓が使えるなんてラッキー!」大喜びでしたが、ここで素朴な疑問。

なぜカナダでは電卓を使えて、日本では使ってはいけないのでしょうか?

もしも日本でテストに電卓を持ち込んだら、カンニングと見なされ即退場でしょう(笑)

そこに大きな考え方の違いがあると思います

私が思うに・・・

  • カナダ
    →計算力よりも思考力、理解力を重視。
     学習の手助けになるものは積極的に取り入れる。
  • 日本
    正確に計算する力を重視。
     ずっと同じやり方を続ける。

という感じなのかな、と思います

事実、カナダでは公式すらテストに持ち込める場合もあります!

公式は覚えなくてOK!「考える力」を育てるカナダの数学の授業

そもそも、自力で計算する必要はあるのか?

カナダでは電卓を使用するのは当たり前なのに対し、日本では手で計算することが重視されていますが、そもそも、自力で計算をする必要はあるのでしょうか?

電卓を使えば、早く・正確に計算できます。

そもそも計算は、コンピューターの得意分野。
いくら練習しても人間が太刀打ちできるわけがありません

「自分の頭で計算するんだ!」という根性論よりも、「機械の使い方を学んで生活に役立てていく」方が、これからの時代に求められる力なのではないでしょうか?

まとめ

今回は、「カナダの授業では電卓が使える!」というテーマでしたが、あなたは”カナダ”と”日本”のどちらのやり方がいいと思いますか?

私は断然、カナダ派です。笑

「便利なものを取り入れて何が悪いの?」
「機械を賢く使って、考えることに時間を使いたい!」

という風に思います

皆さんのご意見・ご感想を、お待ちしています

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です