試合でシューズを忘れたのに褒められた!?カナダの部活はとにかくストレスフリー!【高校留学】

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

カナダの私立高校に、1年間留学していました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/10/スクリーンショット-2019-12-05-20.10.09-1.png
  • カナダの高校の部活ってどんな感じなのかな?
  • 先生が厳しかったりするかな?

この記事では、カナダの部活の雰囲気と、私が体験したエピソードについて書いていきます!

カナダの部活はゆる〜い雰囲気

カナダでは、部活の雰囲気が日本と全然違います!

日本は、「努力!忍耐!」という感じで、厳しい練習に耐えることが良しとされています。

対してカナダでは、「ゆる〜く楽しく、でも真剣に」と言う感じです

「休んだら怒られる」「部活中の私語は厳禁」といったルールはなく、部活に行ったら「来てくれてありがとう!」と言われたりします(笑)

そんなゆるい感じの雰囲気なので、ストレスフリーで部活を楽しむことができます

カナダの部活での衝撃エピソード

ここで一つ、カナダの部活のゆるさを象徴するエピソードを紹介します

バレーボールの試合でシューズを忘れたのに褒められた!?

私は、バレーボールチームに入っていたのですが、ある日、バスで他校に行き、練習試合をしました

会場校についてから、マリアという子が、「スポーツ用のシューズを忘れた!」と言い出しました

私は、(どうするんだろう…コーチに怒られちゃうかな)と思っていたのですが、

想像に反して、コーチは怒るそぶりも見せず、

「あらあら、誰かマリアと同じ靴のサイズの人はいる?」と聞きました。

すると、キュラという子が「私の靴を貸せるよ!」とすぐに名乗り出ました

結局、一足のシューズを2人でシェアして、マリアも無事に試合に出ることができました

試合を終えてコーチが、

今日はナイスチームワークだったね、素晴らしかったよ!キュラ、マリアに靴を貸してくれてありがとう。マリアは、次回から忘れないようにしようね

と、褒めてくれました

日本のバスケ部で靴忘れたときは、激オコされた

なぜこのエピソードで驚いたかというと、同じような事件を日本でも経験していたからです

日本ではバスケ部にいたのですが、中一のとき、同輩Aが練習試合にシューズを持って行き忘れたことがありました

Aが、「靴を忘れました…すみません」とコーチに謝ると、コーチは「もう試合には出さない!」と激怒。

後日、先輩にも「意識が低すぎる!何考えてるんだ!」とみっちり叱られました。「同輩ならお互い注意しなきゃダメだろ!」とも・・・。

日本とカナダの根本的な考え方の違い

カナダで”シューズを忘れたのに褒められた”とき、めっちゃ驚きました!

(え、怒らないんだ!それどころか、褒めてくれた!?

と。

両者の考え方の違いを一言で表すなら、

日本は「減点方式」

カナダは「加点方式」

だと思います。

部活を例にすると、日本の場合は

  • 持ち物を忘れたら怒られる
  • シュートを外したら怒られる

というように、「足りないところ」に注目しているように思います

100からマイナスしていく感じ。

対してカナダでは、

  • 忘れ物をしても、仲間同士で助け合ったことを褒められる
  • シュートを外しても、「打った」ことを褒められる

というように、「できたこと」に注目しています

0にプラスしていく感じです

カナダ人は「ポジティブ」だから生きやすい!

「完璧でない」から、と怒られるのと、「できたこと」を褒められるのでは、

後者の方が圧倒的に嬉しいですよね!

部活以外でも、カナダの学校では「失敗してもいいから挑戦してみよう!」という姿勢があたりまえです

だから、「初めてのことにも挑戦してみよう」という気持ちになるし、周りも応援してくれます!

まとめ:日本人も肩の力抜こう

日本人は、「こうであるべき」という思い込みが多い気がします

理想に向けて努力するのは素晴らしいですが、「今の自分も十分に素敵」と思えたら、もっと楽になります

上述のマリアの例なら、

(忘れ物するなんて、私はなんてダメな人間なんだ…!)と落ち込むよりも、

(忘れ物しちゃったけど、助けてくれる友人がいるなんて、恵まれているな)

と思えた方が、ずっとハッピーに生きられると思うのです

もしあなたが、「こうしなきゃ」と思って苦しんでいるなら、「本当にそうしないといけないのか?」と考えてみてください

あなたの「こうしなきゃ」は、学校や職場だけ、地域だけ、もしくは日本だけのローカルルールかもしれません

「ありのまま」を受け入れてくれる社会が外にはあります

せめてそれだけでも、頭に入れておいていただけたらな、と思います

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です