ミッション系の学校の特徴3つ!実際に通って分かったメリット・デメリットを解説

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

私は中学3年間、ミッション系の学校に通っていました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/10/スクリーンショット-2019-12-05-20.10.09-1.png
  • キリスト教の学校って、どんな感じ?
  • 入学したらキリスト教徒にならないといけないの?
  • キリスト教を学ぶと良い事あるの?

このような疑問に答えていきます!

今回は、「キリスト教の学校に通って分かった、メリット・デメリット」というテーマで書いていきます!

ミッションスクールの特徴

ミッションスクールの特徴は、ズバリ「キリスト教を土台とした人格教育」をしているという事です

「具体的に、どんな教育をしているの?」ということを、解説していきます!

MEMO
一口に「ミッション系」と言っても、宗派や礼拝の頻度など、学校によって違いがあるのでご了承ください

礼拝がある

キリスト教系の学校の特徴として、「礼拝がある」というのが挙げられます

毎朝の礼拝

私が行っていた学校では、毎朝15分の礼拝がありました

  • 黙祷をする
  • 賛美歌を歌う
  • 聖書を読む
  • お話を聞く
  • お祈りをする

という流れで礼拝が行われます。

お話をするのは大抵先生ですが、教室で礼拝をするときは生徒がお話を担当します。

話の内容は、「聖書の内容の解説」「聖書から私たちが学ぶべきこと」が中心です。

礼拝は、深い話や哲学的な内容が多く、色々なことを考えるきっかけになって面白いです

(寝てる人も結構いますけどね・・・。)

式典も礼拝形式

毎朝の礼拝だけでなく、入学式や卒業式といった式典も、礼拝形式で行われます

司会の人が聖書を読み、みんなで賛美歌を歌い、最後にお祈りをする、という感じです

クリスマス礼拝

1年の中でもっとも豪華なのが、「クリスマス礼拝」です。

クリスマスはイエス様が生まれた日なので、特別な礼拝が行われます。

クリスマス礼拝の特徴は、通常より長〜いお話があり、力尽きて寝落ちてしまうこと・・・

ではなく、「全員がキャンドルを持って賛美歌を歌う」クライマックスです!

講堂の真ん中に一本のロウソクがあり、その炎を一人一人が持つキャンドルに渡していきます。

真っ暗な中、ロウソクの明かりだけが講堂内をともし、全員でクリスマスキャロルを歌います。

幻想的な雰囲気で、言葉にできないほど素敵です!

聖書の授業がある

キリスト教の学校では、「道徳」の代わりに「聖書」の授業があります

聖書の授業では、「キリスト教の教えを学ぶ」「聖書の物語を読み解く」だけでなく、「キリスト教が成立した背景」「ギリシャ哲学などの古代思想」「現代のカルト宗教」など、様々なことを学びます

色々な思想を学ぶと、自分の考えの幅が広がる感じがして、個人的にはは結構好きな授業です

一般教養としても役に立ちます!

毎月の献金

私が通っていた学校では、毎月「献金」があり、慈善団体に寄付していました

金額は「お小遣いの10%くらい」が推奨されていて、「お菓子1個買うのを我慢して貯めた100円を献金しよう」と言われていました。

「恵まれない人のために、自分が少し我慢して助けてあげる」という考え方は素晴らしいな、と思います

ミッション系のメリット・デメリット

ここまで、「キリスト教系の学校の特徴を3つ」紹介してきました

ここからは、「キリスト教の学校に通うメリット・デメリット」を解説していきます!

ミッション系の学校のメリット

聖書を通じて「人間としてあるべき姿」を学べる

聖書は、「人間の知恵の結晶」と言ってもいいくらい、素晴らしい教えが詰まっています。

例えば、
「自分に与えられた能力を、人のために用いなさい」
「自分がしてもらいたいことは、なんでも人にしなさい」
などです

私はキリスト教を信じているわけではありませんが、「キリスト教が求める理想の人間像」を知ることは、「自分がどのように生きていくべきか?」を考える上で、とても役立つと思っています。

聖書に詳しくなる

日本では、キリスト教徒の方はあまり出会いませんが、欧米ではキリスト教が主流です。

私はカナダに留学した際に、国語の授業で聖書の内容を学ぶことがあり、「聖書について知っていて良かった!」と心から思いました。

国語の授業で聖書を学ぶのは、聖書が文学の土台になっていることが多いので、聖書を学ぶことでより深く作品を理解できるからです。

また、国語で作文を書くときに聖書の話を引用すると、先生からのウケが良かったです!

ミッション系の学校のデメリット

((献金でお小遣いが減ること))

前述したように、私が通っていたミッションスクールでは、毎月「献金」がありました

お小遣いの10%くらいを献金しましょう」と言われるので、その分自分のお小遣いは減ってしまいますね

しかし、あくまでも献金は自主的にするものなので、強制はされません。中には献金額が「1円」という人もいます

これを「デメリット」として扱うのはあまりにも忍びないので、かっこで括っておきました

礼拝担当になるとめんどくさい・・・

年に1回か2回、礼拝の担当が回ってきます。

礼拝担当になったら、割り振られた聖書箇所を読み込み、内容の解説と聖書から学んだことを個人的なエピソードを交えて語ります

原稿が「ノート見開き4ページ」というまあまあなボリュームなので、少し面倒ですね。

でも、自分の考えを深めるきっかけになるので、やって損はないと思います!

質問に答えます

ここからは、キリスト教の学校に関する質問に答えていきます!

自分もキリスト教徒にならなきゃいけないの?

「自分もキリスト教徒にならなきゃいけないの?」

➡︎まったくそんなことはありません

事実、私はキリスト教を信じていないし、洗礼も受けていません。

生徒の大半がキリスト教徒ではないです。

キリスト教主義の学校は、あくまで「キリスト教の精神に根ざした教育」をしているだけであって、「キリスト教徒を育成すること」が目的ではないからです

なので、「キリスト教徒になる必要」は全くありません!

MEMO
在学中にキリスト教に出会い、卒業後に自ら信者になる人もいます!

家族が他宗教だけど、大丈夫?

家族が他の宗教を信じているからと言って、入学拒否されることはないと思います。

ご家族の方さえオッケーであれば、問題ないと思われます!

先生はみんなキリスト教徒なの?

➡︎キリスト教徒の先生が多いですが、全員ではありません

キリスト教主義の学校だけあって、やはりクリスチャンの先生が多いです。

ですが、信者ではない先生もいるので、「全員がキリスト教徒」というわけではありません。

その点、バランスが取れていていいかなと思います。

教会に行かなきゃいけないの?

➡︎毎週日曜日に礼拝に行くことが推奨されています

入学してすぐ、「どこの教会に通うか?」を学校に申請します

基本的に「毎週日曜日に教会に行く」ことが推奨されていますが、そんなに真面目に行っている人は少ないですね・・・

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

我が家は、「教会に行かないとその月のお小遣いなし!」というルールだったので、月に1回くらい行っていました(笑)

おまけ:ミッションスクールあるある

最後に、「キリスト教の学校あるある」を紹介します!

これは完全に個人的な意見なので、(そんな事ないよ)と思っても流してくださいw

鼻歌で賛美歌を歌っちゃう

毎朝の礼拝で賛美歌を歌うため、頭に賛美歌が染み付きます笑

礼拝では毎日違う歌を歌うのですが、「よく歌う曲」というのがあるんですね。

ごくまれに、3日連続で同じ歌だったりすると、勝手に脳内リピートされます笑

神社でも「天にいらっしゃる父なる神様・・・」と祈ってしまう

キリスト教のお祈りでは、まずはじめに「天の神様」に呼びかけます

その定型文が、「天にいらっしゃる父なる神様・・・」や、「ご在天の父なる神様・・・」なのですが、

神社やお寺でお参りをするときも、ついつい心の中で唱えてしまいます笑

最後に:キリスト教を学ぶメリット

ミッション系の学校に3年間通った感想としては、「キリスト教を学べて良かったな」と思っています。

日本人は「宗教=頭おかしい」みたいなイメージがありますが、そんなことはないです。

宗教を盲目的に信じるのはもちろん危険ですが、それは宗教に限ったことではありません。

むしろ日本人こそ、「みんな一緒が良い神話」「サラリーマンは安定神話」とか、いろんな神話に犯されているのではないですか?

聖書は「人間としてあるべき生き方」を提示してくれたり、「人間の本質」についての鋭い洞察があったりと、考えながら読む価値はあると思います。

キリスト教は、世界人口の約30%が信じている宗教でもあるので、これから世界の人と関わって行く上で、知っていて損はないです!

キリスト教の学校について、少しでも知っていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です