【衝撃】伊豆シャボテン公園に行ってみたら、想像の斜め上を行っていた・・・

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

先日、伊豆シャボテン動物公園に行ってきました

サボテン好きな友人に誘われて、静岡県にある伊豆シャボテン公園に行ってきました

(サボテンがいっぱい生えてる施設なのかな〜)と思っていたら、想像の斜め上を行っていました。

本当に驚きの連続で、何度も肝を冷やしましたが、期待以上の満足度でした

この記事では、シャボテン公園で衝撃的だったことランキングを書いていきます!

MEMO
2019年12月時点での情報です。 展示内容などが変わっているかもしれないので、ご了承ください。

伊豆シャボテン公園で衝撃を受けたことランキング

「伊豆シャボテン公園で衝撃を受けたこと」を5位から見ていきます!

サボテンがまあまあ枯れてる

シャボテン公園で驚いたこと第5位は、「サボテンがまあまあ枯れている」ということです

ほとんどのサボテンは元気でしたが、枯れたサボテンも放置されていました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

(結構ワイルドなんだな・・・)

と思っていましたが、こんなの序の口です。まだ5位ですからね!

餌やりがワイルド

シャボテン公園で驚いたこと第4位は、「餌やりがワイルド」ということです

シャボテン公園内では、動物のケージの側に、エサが置いてあります

「200円で、エサを動物にあげていいですよ」という仕組みです

大体は、パンや野菜、青草が多かったですが、ペリカンのエサはこれでした

生きてるドジョウ!!!

生きてるドジョウをすくって、あげていいよ!ということです

なかなかワイルドじゃないですか??

(私たちはペリカンの餌やりはしませんでしたw)

唯一、リスザルのエサやりだけやってみました。

(1センチ角の食パンが5粒で200円。かなりいい商売ですね)

エサが入っている箱を開けるやいなや、リスサルが腕に飛び乗ってしがみついてきます。なかなかの迫力でした・・・

お土産が独特

シャボテン公園で驚いたこと第3位は、「お土産が独特」ということです

シャボテン公園内のギフトショップに行ったら、とてもユニークなお土産が見つかりました

例えば、こんなの。

なめるサボテンの写真

(なめるサボテン・・・!?何だそりゃ!)

そう思って見たところ、「サボテンエキスが入ったのど飴」でしたw

そしてこちらは・・・

チンパンジーの鼻毛

(チンパンジーの鼻毛!?きもっ!)

原材料を見てみると、”干しイカ“でした

・・・何というか、センスが理解不能すぎて、3周まわって面白い、笑

動物の数が多い。うじゃうじゃいる。

シャボテン公園で驚いたこと第2位は、「動物の数が多い」ということです

普通の動物園だと、一つの展示場所には1匹~数匹の個体がいるのが一般的ですよね

しかし、シャボテン公園は違います。十数匹から数十匹いるのが当たり前です

例えば、カピバラ。

そしてこちらは、みずどり。

大量の水鳥

(何でみんな同じ方向を向いてるの!?怖い・・・)

とにかく何でも放し飼い!!

シャボテン公園で驚いたこと第1位は・・・

とにかく何でも放し飼いにされている」ということです!

放し飼いのクジャク

まずシャボテン公園に入って驚くのは、クジャクが歩いているということです

おりの中ではなく、通路を普通に歩いています。

初めは本気でビビりました。クジャクって大きいので。体長1メートルくらいはあります。つつかれたら死にそうなので、けっこう怖い。

しかしまあ、一日中サボテン公園にいると、慣れました。もはや、ハト感覚です。(あ、クジャクいるな〜)みたいな。

フクロウもオウムも放し飼い

放し飼いにされているのは、クジャクだけではありません。

サボテンが展示されている温室の中では、フクロウが放し飼いにされていました

温室に入った瞬間、何かの視線を感じる・・・と思ったら、まさかの生フクロウ!置物かと思いましたが、生きている、本物のフクロウで、しかも放し飼い。

友人が、「フクロウって、肉食なんだよ!襲ってきそう・・・」というので更に恐怖。。

しかし、よく見ると足が木に繋がれていました。なので、襲われずに記念写真を撮ることができました笑

オウムも檻に入れられず、普通に木に止まっているだけです

(逃げ出さないのかな!?)と心配しましたが、見たところ、飛べないようでした

羽を切られているのかもしれません(分からないけど)

なので、オウムに襲われることは多分ありませんのでご安心を!

バードパラダイス

「バードパラダイス」に入ったときのこと。

私と友人は、バードパラダイスと聞いて、(色んな種類の鳥が展示されているのかな〜)と思っていました。

違います。想像が甘すぎました

「バードパラダイス」自体は、あみで囲われた空間ですが、その中を色々な種類の鳥が、自由に飛び回っています

すなわち、人間と鳥を隔てるものは、何もない。触ろうと思えば普通に触れてしまいます

フラミンゴ
普通に通路にいる、フラミンゴ

鳥と言っても、スズメとかじゃなくて、かなり大型な鳥なので、なかなかの迫力です

「子守り中の親鳥に近づくと、攻撃されるから気をつけて」という看板も、さらに恐怖を煽ります。

結局、私たちは鳥に攻撃されることなく、バードパラダイスから帰還できました。

めっちゃスリリングだった・・・!

カンガルーの丘

シャボテン公園の中で、もっとも衝撃的だった場所が、「カンガルーの丘」というところです

バードパラダイスを経験した私たちは、こんな話をしていました

友人「さすがにここは、放し飼いじゃないよね・・・」
私「カンガルー放し飼いはヤバイでしょ!突進されたら大怪我しそう」
友人「だよね、でもサボテン公園のことだから・・・」

実際に入ってみると・・・はい、出ました、放し飼い!

問題だったのは、カンガルーではありません。カンガルーはむしろ、人懐こくて、客が隣で写真を撮っても全然平気でした

カンガルー

カンガルーの丘の恐怖は、ダチョウです

なぜかカンガルーと同じ空間にダチョウが住んでおり、通路を猛スピードで突進しています!!

これこそ、ぶつかられたら大怪我です。マジで。

ちなみに、飼育員さんはいません。完全なる放置プレー

クジャクは、狭い空間に閉じ込められて狂ってしまったのか、クネクネとイかれた動きを見せ、たまに何かに突き動かされるように突進する、というのを繰り返していました。

怖い。めっちゃ怖い。

幸い、誰も怪我人はいませんでしたが、冗談抜きで命の危機を感じました。

助かって、よかった!

他にも楽しさ盛りだくさん!

今回紹介したのは、伊豆シャボテン公園のほんの一部です。

他にも、いろんなイベントや展示がありました!

  • アニマルショー
  • 無料で写真撮影
  • カピバラのお風呂(冬季限定?)
  • ジャグラー賢太郎のパフォーマンス(臨時イベント)
カピバラのお風呂

朝11時から夕方4時ごろまで、みっちり遊びつくしました。

本当に楽しかった!!

シャボテン公園の料金・アクセスなど

営業時間3~10月:9時〜17時
11~2月:9時〜16時
入場料金大人:2,400円
小学生:1,200円
幼児:400円
住所伊豆シャボテン動物公園
〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13
TEL.0557-51-1111(代)
アクセスhttps://izushaboten.com/information/access.html

伊豆シャボテン公園にバスで行く場合、1時間に2本しかバスがありません。

しかし、帰りの「シャボテン公園→伊東駅」は臨時便が出ていました。ご参考までに!

まとめ:人間としてのレベルが上がった

シャボテン公園に遊びに行ったら、予想の斜め上を行くワイルドっぷりに、驚きの連続でした

初めての体験がたくさんありました。クジャクと並んで歩くのも、フクロウと15センチの距離で写真を撮るのも、初めて。

シャボテン公園での体験を経て、冗談じゃなく人間としてのレベルが上がったな、と思いました。

動じない心“、みたいなものが鍛えられましたね笑笑

個人的には、某ねずみの国よりも、何倍も刺激的で面白かったです!

日本にも、こういう面白パークがまだまだ沢山あるんだろうな、と思うと胸が踊りますね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

伊豆シャボテン公園、ぜひ一生に一度は、行ってみてください。全力でおすすめします

伊豆シャボテン公園のホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です