【留学】外国人のルームメイトと一年間暮らして分かったこと

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

1年間、カナダの高校で、寮生活をした経験があります

寮では、メキシコ人のルームメイトと二人部屋でした

実際にルームメイトと暮らしてみたことで分かった、「誰かと同じ部屋で暮らすこと」のメリット・デメリットを紹介していきます!

私のルームメイトについてプチ紹介
  • 名前はクリス
  • メキシコ人の女の子
  • 当時15才(私の一個下)
  • めっちゃお金持ち
  • 彼氏を溺愛している
  • 歌、絵、ピアノがめちゃめちゃ上手い

ルームメイトと暮らすメリット

まずは、「ルームメイトと暮らすメリット」を紹介します!

ルームメイトと暮らすメリット
  • ルームメイトと仲良くなれる
  • ルームメイトの国のことを知れる
  • プライバシーが守られる
  • 寂しくない

ルームメイトと仲良くなれる

1つ目のメリットは、「ルームメイトと仲良くなれること」です

毎日同じ部屋で寝起きし、喋る機会も多いので、自然と仲が深まります

私のルームメイトだったクリスは、とてもフレンドリーな性格だったので、沢山話して仲良くなれました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

お互いの誕生日にプレゼントを交換したり、パーティーの日に一緒に写真を撮ったりしました!

ルームメイトの国のことを知れる

ルームメイトが他国の人の場合、ルームメイトの国のことを学ぶことができます

お互いの国のことについて話したり、ルームメイトの行動からその国の国民性をうかがい知ることができます

私はクリスと、タコスの作り方メキシコの成人式について話したりしました

また、メキシコ人は、とにかくフレンドリーで、騒ぐのが大好きということを知りました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

メキシコの子たちは「すぐ歌う、すぐ踊る、すぐ笑う」の三拍子が揃っていて、場の雰囲気を一瞬で明るくしてくれます!

プライバシーが守られる

ルームメイトが日本語が分からない場合、自分のプライベートな情報が伝わってしまうことがありません

たとえば、

  • 部屋で母や友達と気兼ねなく電話できる
  • 日本語で書いた日記帳を置いておいても読まれる心配がない

という利点があります!

寂しくない

何となく、一人で寝るのが怖い日ってありませんか?

そんなとき、ルームメイトが同じ部屋にいると安心します

特に私が住んでいた寮は、「幽霊が出る」という噂が絶えなかったので、ルームメイトの存在がありがたかったです(笑)

ルームメイトと暮らすデメリット

次は、ルームメイトと暮らすデメリットを紹介します!

ルームメイトと暮らすデメリット
  • 一人になれる時間が少ない
  • 自由気ままに振る舞えない
  • 多少のトラブルはつきもの

一人になれる時間が少ない

1つ目は、一人になれる時間が少ないことです

ルームメイトがいるのが嫌なわけではないですが、「一人になりたい」と思っても簡単にはなれないのが、少しストレスではありました

「ずっと人と一緒にいたい」というタイプの人は、困らないかもしれませんね!

自由気ままに振る舞えない

2つ目は、自由気ままに振る舞えないことです

一人だったらやれるけど、ルームメイトがいるとやりにくい・・・ということって結構あります

私の場合は、

  • 筋トレ
  • 鼻歌を歌う
  • 英語の発音練習

ルームメイトがいるときに、声を出したり体を動かしたりするのは、何となくはばかられました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

これも、性格によるかもしれません・・・!

多少のトラブルはつきもの

3つ目のデメリットは、ルームメイトとのトラブルです

どんなに気の合うルームメイトと出会えたとしても、大小のトラブルはつきものです

例えば私の場合は、

  • 夜中に通話していてうるさい
  • 自分が寝る時間になっても電気を消してくれない
  • 部屋が汚すぎる(床にお菓子が落ちていたり。)
  • 友達を呼ぶのはいいが、喋り声が大きすぎる

などがありました。

「〇〇が気になるから、今度から気をつけてくれると嬉しいな」
という風に、角を立てないように自分の気持ちを伝える必要があります

これはこれで良い経験ですが、一人で暮らしていたら起こりえないストレスを抱えてしまうのは事実です

MEMO
ひどい場合だと、ルームメイトにお金を盗まれたり、毎日何時間も深刻な相談をされたり、ということもあります
(※私が住んでいた高校の寮で、実際にありました)

こういう場合は我慢せず、すぐにルームメイトを変えましょう

ルームメイトと暮らしたことで得たもの

最後に、ルームメイトと暮らしたことで得たものを紹介します!

私が思うに、ルームメイトと暮らしたことで得られた最も大きなものは、
“大らかな心”です

全く異なる生活習慣や、価値観を持っているルームメイトと生活すると、ちょっとのことでは動じなくなります(笑)

(ルームメイトが喋っててうるさいけど、しょうがないから寝るか・・・)
(なんか部屋汚いな。床の上にアリがいるし・・・まあ、いっか)

という具合です

「まあいっか」という技を覚えると、些細なことでイライラしなくなり、心を平穏に保てます

まとめ

「外国人のルームメイトと一年間暮らして分かったこと」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

この記事のまとめ

ルームメイトと暮らすメリット⬇️

  • ルームメイトと仲良くなれる
  • ルームメイトの国のことを知れる
  • プライバシーは守られる
  • 寂しくない

ルームメイトと暮らすデメリット⬇️

  • 一人になれる時間が少ない
  • 自由気ままに振る舞えない
  • ルームメイトとのトラブル

ルームメイトと暮らして得たもの➡︎”大らかな心”

外国人のルームメイトと暮らすこと自体が、とても貴重な体験だと思います

少しの不満はありましたが、この経験が自分の成長に繋がったな、と感じます

機会があれば、ぜひトライしてみてください!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です