ミニマリストになるメリットを解説!

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/10/スクリーンショット-2019-12-05-20.10.09-1.png

ミニマリストって物を持たずに暮らす人がいるみたいだけど、ミニマリストになるメリットって何かあるのかな?

こんな疑問に答えていきます!

この記事では、ミニマリストになるメリットを解説していきます!

ミニマリストになるメリット

ミニマリストになると、”自由”になれる

ミニマリストになるメリットは、ズバリ、「自由になれること」です

「どうしてミニマリストになると、自由になれるのか?」を解説していきます!

場所に縛られずに生きられる

ミニマリストは、「自分に必要なもの」だけを持っています

普通の人より物の数が少ないので、引っ越しが簡単です

また、ミニマリストの中には、バックパック一つで旅をしながら生きている人もいます

「行きたい!」と思った場所に、すぐに動ける身軽さが、魅力的です

時間に余裕ができる

物を減らすと、探し物や、部屋の掃除にかかる時間が圧倒的に短くなります

また、余計なものを買わないようになるため、物を買う時間や、アレコレ悩む時間も減ります

時間的余裕ができることで、心にも余裕がうまれ、新たなことに挑戦できるようになります!

心のゆとりが生まれる

物を減らして部屋が綺麗になると、精神的にも落ち着きます

「部屋のきれいさと、メンタルは連動する」と言われています

また、「必要最低限のものだけを持つ」ことで、物を新たに買わなくても落ち着いていられるようになります

つまり、物に依存しなくなるということです

物を減らすと、心のゆとりが生まれるんですね

そもそもミニマリストとは?

「ミニマリスト」とは、「ミニマリズムを実践している人」です

では、「ミニマリズムを実践する」とは、具体的にどういうことでしょうか?

物の数は関係ない

「ミニマリストであるか」は、物の数によって決まるわけではありません。

なぜなら、ミニマリズムは「大事なもののために減らす」という考え方ですが、人によって「大事なもの」は異なるからです

大事なものを残した結果、物の数がいくつになるかは関係ないのです

“自分にとって必要か”が大事

それでは、何をもって「ミニマリスト」と言うのか?

私が思う答えは、「自分にとって必要なものだけを持っている」ということです

「自分のとって必要か?」を見極めている、ということは余計な物を持つ必要がないということです

ミニマリズムの発祥はアートだった

早速、「ミニマリズム」について解説していきます!

“ミニマリズム”はアート発祥だった!

ミニマリズムは、”Minimalism”という英単語が日本語になったものです

Minimalismを直訳すると、「最小限主義」

ミニマリズム とは、完成度を追求するために、装飾的趣向を凝らすのではなく、むしろそれらを必要最小限まで省略する表現スタイル。

Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%A0)

元々は、芸術の分野で生まれた考え方のようです

「”飾る”のではなく”省く”ことで、本当に伝えたいものを際立たせる」という表現技法のことを、「ミニマリズム(最小限主義)」と呼ぶわけですね!

“ミニマリズム”の現在の使われ方

アートの世界で生まれた「ミニマリズム」ですが、現在は、もっと広い意味で使われています

私が、色々なミニマリストの方々の本や動画を見てきて、たどり着いた結論がこちらです↓

ミニマリズム=”大事なもののために、不要なものを減らすこと”

これは、単に「物を減らす」ことだけでなく、あらゆることに当てはめられる考え方です

たとえば、

  • 勉強の時間を取るために、ゲームをやめる
  • 留学資金を貯めるために、遊びに行く回数を減らす
  • 心の平穏のために、苦手なあの人と付き合うのをやめる

このように、「時間の使い方」や「人間関係」にも応用できるのです

まとめ

今回の記事では、「ミニマリストとは何か?」と、「ミニマリストになるメリット」を解説しました

私はミニマリストを目指しているものの、まだまだ「要らないもの」をいっぱい持っています

「自分にとって本当に必要なもの」を見極めて、自由を得るために、捨てていこうと思います

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です