カナダの高校の国語の授業って、どんな感じ?実際に通った私が解説!

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

1年間、カナダの私立高校に留学していました

カナダの私立高校では、日本の高校とはまるで違う内容の授業が行われていました

この記事では、国語で「具体的にどのような授業が行われているか」を解説していきます!

この記事の内容
  • カナダの私立高校での、国語の授業内容
  • どんな題材を扱ったか
  • 授業では具体的にどんなことをしたか
MEMO
本記事で紹介する内容は、私が通っていたカナダ・オンタリオ州にある、私立の女子校に関するものです。
公立の学校や、他の私立校では授業内容が異なると思いますが、ご了承ください

カナダの高校の国語の授業

早速、国語でどのような授業をしているか、解説していきます!

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

ちなみに私は、高校1年生のときに留学していました

国語で取り扱った題材

はじめに、高校1年生の国語の授業で取り扱った作品を紹介します

国語で取り扱った作品
  • ギリシャ神話、聖書の勉強
  • 「マクベス」(シェークスピア)の読解
  • ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)についての学習
  • 「蝿の王」(ウィリアム・ゴールディングス)の読解

ギリシャ神話、聖書の勉強

年度の初めは、ギリシャ神話と聖書について勉強しました

欧米ではギリシャ神話や聖書の中のお話が、文学作品の元になっていることが多いです
そのため、いわば「文学の基礎」となっている神話や聖書を、年度の初めに勉強しました

「マクベス」(シェークスピア)の読解

神話を学んだ後は、シェークスピアのマクベスを学びました

原文を読み、物語全体の構成や、セリフに暗喩された意味などを理解します

先生が「ここはどういう意味だと思う?」と問いかけ、生徒が答える、という形式でした

ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)についての学習

この単元では、「ヒーローの冒険物語」に共通するパターンを学びました

ハリーポッターやXmenという映画を取り上げ、主人公に起きる出来事や心情の変化を読み取っていきます

ここで学んだ物語の”型”は、あらゆるストーリーに応用できるため、作品に対する理解をより深めることができます

「蝿の王」(ウィリアム・ゴールディングス)の読解

最後は「蝿の王」という本を学習しました

一冊の本を通して、登場人物の変化や、物語に込められた深い意味を考察します

授業の方法

カナダの高校での国語の授業は、基本スタイルから日本と大きく違っています

また、劇やディスカッションなども積極的に取り入れ、「ペンと紙でする勉強」以外の学習を行なっています

基本スタイル

カナダの私立高校での国語の授業は、基本的に生徒と先生の双方向のやり取りによって進んでいきます

日本の場合は、先生が一人で話を進め、たまに生徒を当てる程度ですよね

しかしカナダでは、先生が「〇〇についてどう思う?」と聞くと、生徒たちが次々に意見を述べます
生徒の発言に対して先生が返答し、対話形式で授業が行われます

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

カナダの子の発言力はすごいです。何も聞かなくてもベラベラ喋ります

たとえ間違っていても自信を持って発言する姿は、ぜひ見習いたいと思います

ストーリーテリング

ストーリーテリングとは、文字通り”ストーリーを語ること”です

ただ淡々と話すのではなく、声の抑揚や、表情の変化、ジェスチャーなども使って感情豊かに表現することが求められます

授業では、「神話」の単元で、一人一つギリシャ神話のお話が割り振られ、それをクラスの前で発表しました

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

私は事前に台本を用意し、一言一句まちがえずに言えるように練習しました(T ^ T)

結果うまくいったので、良かったです

「マクベス」の単元で、4~5人のグループを作って短い劇を行う授業がありました

割り振られたシーンの意味を話し合い、台本や舞台での動きなども自分たちで考えました

動画を作る

「蝿の王」の単元では、物語の中から一つのテーマを取り上げて、動画にまとめて発表しました

一人一台パソコンを持っている”ラップトップスクール”だったため、パソコンでiMovieを使って動画を編集しました

ディスカッション

「蝿の王」の単元では、ディスカッションも行われました

ペアになって一つの章を担当し、ディスカッションの進行役を務めます

投げかける質問や話し合う順番を考えたり、クラス全員が発言の機会を持てるように工夫したりします

また、進行役以外の生徒は、積極的に発言することが求められ、何も発言しないと容赦なく成績を引かれます

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

留学生にとっては試練です

私も頑張って発言していましたが、成績は4段階の2でした・・・苦笑

プレゼンテーション

カナダ・オンタリオ州の高校では、”ISU”と呼ばれる課題があります

ISUは、”Independent Study Unit” の略で、「自習学習課題」という意味です

国語では、一年間に2冊の本と3本の映画を見て、各作品についてエッセイを書きました

年度末に、総まとめとして「全作品に共通するテーマを見つけて、立体作品でそのテーマを表現する」という課題が出ました

立体作品を作り終えると、クラスでプレゼンテーションをしました

  • 鑑賞した本・映画のあらす
  • 共通のテーマは何か
  • なぜこの立体作品を作ったのか

ということを、5分ほどのプレゼンで発表します

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

カンペ禁止だったので、かなりキツかったなあ・・・

まとめ

今回の記事では、カナダで行われている国語の授業について紹介しました

先生が一方的に喋り続ける日本の授業と違って、カナダではアクティブラーニングが沢山取り入れられているのが分かったと思います

カナダの授業を一度体験してしまうと、日本の授業は正直つまらなすぎます・・・。

なので、日本に帰ってきて復学した学校を辞めちゃいました(笑)

少しでも「日本の教育、遅れてね?」と思ってくださったら嬉しいです!

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です