留学中、親に連絡するべき理由と注意すべきこと

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

こんにちは、こふらです

私は高1のとき、1年間カナダに留学していました

留学前、「留学先で日本の家族と連絡を取ってもいいの?」と不安に思っていました

なぜなら、

  • 日本語をしゃべってしまうと英語の上達が遅くなるのでは?
  • 留学先で日本の親や友達に頼ってしまうと、成長できないのでは?

と、心配だったからです

留学を終えた今は、親との連絡は積極的に取るべきだと思います。

理由を解説していきます

連絡を取った方がいい理由

私は1年間の留学中、母とほぼ毎日LINEをしていました

加えて、週末にはビデオ通話を2時間ほどしていました

親との連絡は積極的に取るべきだと思う理由を、解説していきます

親を安心させるため

一つ目の理由は、親御さんを安心させるためです

大切に育ててきたわが子を、異国の地に送り出す親御さんは、多少なりとも不安を抱えていると思います

中高生の場合は、なおさら不安が大きいです

「元気にやっているよ」と定期的に報告すれば、親を安心させてあげられます

留学先での楽しかった出来事を聞くのは、親御さんの方も嬉しいはずです

不安なことを相談できるから

二つ目の理由は、不安を相談できるからです

これは親御さんとの関係性にもよりますが、

一番よく知っている大人に、留学中の不安を相談できるのは大きなメリットです

特に、留学してすぐの期間は、ホームシックになる可能性もあります

そんなとき、お母さんやお父さんの声を聞けたら安心できますよね

留学中の発見について話し合える

三つ目の理由は、留学中の発見について話し合えるからです

留学中は、「こんなことがあったんだよ、日本じゃ考えられないよね!」というようなネタが日常的にあります

そういうことについて、親御さんと話し合ってみると、自分の考えを深められます

例えば、

私「明日はレイトスタートなんだ〜。朝寝坊できる、ラッキー!」
母「へー、いいね!日本の学校にもあればいいのにね」
私「ほんとだよねー。日本って休むことに悪いイメージあるもんね」
母「どうしてそう思うんだろうね」

というように、毎週日本とカナダの違いについて色々と話していました

※レイトスタートとは、授業が始まる時間を2時間遅らせる日です
生徒の睡眠時間を確保するため、2〜3ヶ月に一回あります。

詳しくは、「寝坊デーにパジャマデー!日本ではありえないカナダの高校のイベント5選」という記事をご覧ください!

日本語を喋っても英語は上達する!

「留学中に日本語を喋ると、英語の上達が遅くなるのでは?」と不安に思っていましたが、実際そんなことありませんでした

毎週、母と日本語で喋っていても、ちゃんと英語は上手くなりました!

生活の中で、英語を練習する場があれば上達できるので、少しくらい日本語を使っても問題ないと思います

むしろ、長期留学の場合は、日本語が不自由にならないように気をつけた方がいいかもです

親と連絡を取るときの注意点

ここまで連絡を取るべき理由を挙げてきましたが、親と連絡を取る際に気をつけるべきことが3つあります

時差に気をつけよう

一つ目は、時差に気をつけることです

留学先の国と日本の時差は把握しておいた方が良いです

連絡をする時は、日本時間の夜中にならないように注意しましょう

私が留学していたトロントは、日本との時差が13時間で、昼夜が逆でした

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2019/11/37872C32-CE38-41AB-A357-A0700FE596C8.jpeg
こふら

うっかりお昼ごろLINEをしたら、母を夜中の2時に起こしてしまった、という失敗もありました汗

ホームシックのときは余計悲しくなる

二つ目は、ホームシックのときに連絡すると逆効果かもしれない、ということです

ホームシックのとき、親と電話している間は心が和らぎます

しかし、電話を切ったあと、さらに悲しくなって絶望する、というオチもあります

私は小4で初めて短期留学をしたとき、強烈なホームシックになり、毎晩泣きながら母に電話していました

テレフォンカードの残り時間がゼロになっても、母に会いたくて、悲しくて寂しくて、泣き続けていた記憶があります・・・

ホームシックの時こそ連絡したくなるのは分かりますが、親に頼ってばかりいてもダメです

ホームシックを治す一番の方法は、現地での生活を楽しむことなので!

長時間の電話は生活に支障が出るかも

三つ目の注意点は、長時間の電話はしない方が良いということです

これは当たり前のことですが、夜中まで電話をしていると生活に支障が出ます

高校や大学に留学している場合は、宿題の量が多く、授業についていくのも大変です

なので、電話をする場合は節度を保ちましょう

連絡の方法は何でもOK

親への連絡手段ですが、なんでもOKです

私の場合はLINEやFaceTimeを使っていました。(LINEは海外でも普通に使えます

ただ、日本で使っていた電話番号は使えなくなるので、注意してください

まとめ:親への連絡は積極的にしましょう!

記事のまとめ

「心配なことがあったら親に連絡していいの?」
➡️連絡してOKです!

「親に連絡するの面倒なんだけど」
➡︎親のおかげで留学に来られているのですから、連絡くらいしてあげましょう
(自分のお金で留学している、という人でも、親御さんに育ててもらったことには変わりないですよね)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です