TOEFL ibt のおすすめ勉強法【中3で70点を取った私が解説】

https://kofura-blog.com/wp-content/uploads/2020/01/困った女性.png

TOEFL ibt を受験したいけど、どうやって勉強したら良いかわからない・・・

こんな疑問に答えていきます

記事の内容

  • おすすめのTOEFL ibt 勉強法
  • TOEFLの勉強に取り掛かる前にやるべきこと

記事の信頼性

私は中3のとき、わずか3ヶ月の勉強期間で70点を取得しました
もちろん留学経験はなく、中学校レベルの英語しか知りませんでした

TOEFL ibt のおすすめ勉強法は、単語を覚えること!

私が主にやった勉強法は、とにかく単語を覚えることです

リーディングやリスニングでは、問題の意味がわからないと解けませんよね

スピーキングやライティングでも、短い文章を読んで内容をまとめたり、講義を聞いて要点を整理したり、ということが求められます

なので、単語がわからないのは致命的です。中学英語のレベルじゃ太刀打ちできません汗

逆に単語の意味がわかれば、分かる問題が相当増えると思います

おすすめの単語帳

私が使っていた単語帳は、「TOEFLテスト英単語3800」というものです

ランク1~4に分かれているのですが、1~3だけを集中して覚えました

  1. 日本語訳を赤シートで隠す
  2. 英単語を見る
  3. 日本語訳を言う
  4. 分からなかった単語に印をつける
  5. 印をつけた単語だけを、もう1周する

という手順で、10周以上しました

本当にそれだけで、スコアアップすることができました
勉強始めたての人は特に、単語を覚えたほうがいいと思います

とにかく単語を覚えた結果

2018年の1月に始めてTOEFLを受験した際は、57点でした

しかし、カナダの高校受験に70点以上が必要だったため、約2ヶ月で単語をできるだけ覚えました

その結果、3月に受けた2回目の試験で71点を取得することができました!

ちなみに、各セクションの伸びはこんな感じです

R 11→16 (+5)
L 14→15 (+1)
S 17→19 (+2)
W 15→21 (+6)
————————
Total 57→71 (+14)

セクション別の対策

単語を覚えるのが一番大事とはいえ、各セクションのコツを掴んでおくことも大切です

ここでは、セクション別に気をつけるべきことを軽く紹介します

リーディング

リーディングでは、時間配分を意識することが大切です

リーディングの形式は、

  • 60分で3つのパッセージ
  • 80分で4つのパッセージ

のいずれかです。

どちらにしても、時間内に問題を解ききれないともったいないので、分からない問題は積極的に飛ばした方がいいと思います

リスニング

リスニングは、集中力との戦いになります

長くて5分間の講義を聞かなくてはならず、意味もあまり理解できない状態だと集中力が切れやすいです

また、持っている知識をフル活用して、分かる単語から話の内容を推測する力も必要になってきます

スピーキング

スピーキングのコツは、時間いっぱい使って喋ることです

喋らなければ0点ですが、英語で話に関連したことを喋れば、どんなにつたなくでも点数がもらえます

なので、まずは「喋りきる!」というのを目標にしてみてください

ライティング

ライティングでは、文章の構成を押さえておくと良いと思います

英語のエッセイを書くときは、

  • 導入文:主張を述べる
  • 本 文:理由や具体例を挙げる
  • 結論文:再度、主張を述べる

という構成を意識しましょう

その上で、自分の知っている語彙を使って、単語数の規定を満たすことを目標に頑張ってみてください

TOEFLの勉強の前にするべきこと

TOEFLの勉強をする前に、やっておくべきことを紹介します

テストについてリサーチ

まずするべきは、テストのリサーチです

  • テストの開催時期・場所
  • 申し込みの方法
  • テストの内容
    • 構成
    • セクションごとの流れ
    • 問題の形式
    • 難易度
  • 勉強方法
    • どの参考書が良いか
    • 勉強法
    • 必要な勉強時間

などなど、まずはテストについて情報収集し、そこから自分の勉強の道筋を立てていくことが重要です

心がまえ

TOEFLは決して簡単なテストではないので、「絶対に目標の点数をとる!」という決意があったほうがいいと思います

最初は、どれくらい難しいのか分からないので不安だと思いますが、「自分のできる限りを尽くす!」という姿勢が大事です

特にスピーキングでは、与えられた時間いっぱい、諦めずに喋り続けましょう

何も喋らないと、当然点数はもらませんが、喋れば何かしら点数がつきます

目標のスコアに向けて単語を覚えよう!!

今回は私が中3でTOEFLを受けたときのことをまとめました

中学生でTOEFLを受ける人はあまりいないかもしれませんが、

純ジャパの中3でも70点が取れるということは、中学英語を学んだ人なら誰でも、この点数を取れる可能性があるということです

目標のスコアを目指して、頑張っていきましょう!

留学後に再びTOEFLを受けたときのスコアをまとめた記事はこちら>>【高校留学1年】TOEFL ibtの伸び 70→100超!【英語力】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です